ようこそ、お越しくださりありがとうございます。
本、CD、etc…について解釈します。
PCにて投稿の為PC環境推奨です。
基本的に感想等のネタバレ記事です。
注意喚起していない場合もありますので、
お読みになられる際はご注意下さい。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 「女王の花」 | main | 月刊ASUKA 9月号 >>
「ASUKA1月号」

ASUKA1月号感想!
22日に手元にあったんですが、
発売日をまっての解禁。














以下ネタばれちゅういしてね。
















JUGEMテーマ:裏僕
 
 



十瑚と愁生の京都への修学旅行での行方不明の一報を受け、
車で京都本家へと向かう、ほっつーと九十九とユキとルカ。
以前のような暴走もなく、冷静に動けるようになって、
成長したなあ。ほつま。

しかし、京都本家!
十瑚と愁生の件も勿論なんだけど、
ユキの前世に迫りそうなきがします。
本家でなにか思い出すのではないかと。
それでなくとも11月号の伏線もありますしね。


斎悧とユキ。
ルカとユキ。
そして斎悧とリア。

夕月さまを守るため…、
リアの訴えにはどうにも斎悧が前世でユキに対して、
戒めの手がユキに感じる想い以上のものがあったのだという感じですね。
主従としてでなく、もっと別の愛。
そんな愛に、前世のユキが気がついてたのかが重要ですよね。
ルカが彼女の元に現れて、ユキの恋人はルカであって。
戒めの手としてはペアを組まず、
ひとり孤独に戦いに挑んでいた前世の斎悧(諒祈)にしてみれば、
ユキは同じ孤独を共有する特別な人だったのかも。











BGM♪


スポンサーサイト
COMMENT